• 原田 忠

妥協を許さない準備をしろ!

      

みなさんこんにちは!航空自衛隊出身の闘うヘア&メイクアップアーティストこと原田忠のクリエイティブ道場へようこそ! このクリエイティブ道場はクリエイティブを深く掘り下げ、”美の創造“を探求し、クリエイティブを通じ誰もが美しく輝ける世界を実現してしまおうではないかと、そんな大それたことをテーマに展開していきます。クリエイティブに関わる技術、コト、モノ、人を通じ定期的に記事化して美の創造と革新に挑んでいきたいと思っております。 今現在のコロナの影響で美容、ファッション、そして音楽や映画、舞台などのエンターテイメントなど縮小する今、文化や芸術の表現の場が徐々に失われつつあります。美容業界でも3密を想起させるイベントやセミナー等はできなくなってしまっている現状です。ファッションやヘアスタイル、メイクも有事の際には気になんかしてなんかいられない、東日本大震災のときに、いやというほど無力感を感じたわけです。でも美容の文化や美の力は最後の最後に有事を平時にもどし、心を満たせる力が必ずあると強く信じてます。人の命を直接的に救える仕事ではないですが、美容のクリエイティブな活動が少しでも誰かの心にポジティブに働きかけ、少しでも心の癒しや救いや、日々の活力になれば幸いです。この世界でクリエイティブな活動が徐々に復活し、いままで以上に活発になる日を信じて、みなさんのそれぞれのクリエイティブ魂の火を絶やさないためにも、今後のクリエイティブ活動のお役に立てればという思いで、記事を配信していきます。自衛隊当時は平和を守る、美容に従事している今は平和を創るそんな想いでみなさんと一緒に頑張っていきたいと思っております。 今回は「妥協を許さない準備をしろ!」と題し、作品創作の裏側のお話をさせていただきたいと思います。航空自衛隊を退官後、都内のサロンで働き、一念発起し、ヘアメイクアップアーティストを目指し、ヘアメイクアップアーティスト養成スクールSABFAに入学、1年の学びを経て卒業。たったの1名の枠しかない厳しい入社試験を乗り越え、化粧品メーカーの資生堂に入社するのですが、配属された部署はビューティークリエーション研究所(当時)。資生堂の宣伝広告のヘアメイクや海外のファッションショーのバックステージで活躍する大先輩たちが40名ほどいて、そんな大先輩たちも必ずと言ってもいいほど通ってきた登竜門的なフォトコンテスト、女性モード社「ヘアモード」という美容業界誌の誌上フォトコンテストの参加が有無を言わせず、暗黙に義務付けられているわけです。毎月誌面でヘアスタイルのテーマが掲げられ、そのテーマをかなり深くほりさげます。求められているテーマとその説明文を100回くらい熟読します。100回も?と思われるかもしれませんが、2、3回読んでわかった気になってしまうと、ここでの思い込みが本来求められているものと違う方向に行ってしまうこともあるので、ここは落ち着いて、一語一語ゆっくり丁寧に解釈、消化してしっかり頭の中に叩き込みます。この深読み作業は今でも仕事をする上でとても役立ってます。相手が何を求めているのかを深く考える癖をつけることと、美容は専門用語が多いので、その専門用語が何を意味しているのか、どう表現すればいいのか、まさにサロンのお客様やクライアントとの仕事のコミュニケーションと同じだと思うのですが、求められたものをいかにスピーディーにクオリティ高いパフォーマンスにもっていくかの訓練にもなるわけなんです。そのテーマを踏まえて練習と試作を何度も繰り返します。ただ、モデルで撮影できるのもドールウィッグを使用した社内オーディションをまず通過しなければいけない第一の関門があり、そこで、上位3名の中に選ばれると撮影できるチャンスをゲットできるわけです。毎月、毎月、業務の傍ら、夜な夜な必死にドールウィッグと向き合い練習に励みました。始めのころは全く結果が実りませんでしたが、それでもあきらめることなくしつこくコツコツ練習をやり続けました。ドールウィッグのオーディションに次第に合格し始める(たまたま、運良く)わけですが、そうなるといよいよモデルを使っての撮影が許されます。撮影のモデルは原宿や渋谷で一般の方で、髪の条件の良い方をハントするのですが、当時、自分はオニイ系の格好をしていたので、ナンパと間違われ、かなり苦労しました。そこで声をかける戦略として一緒にコンテストを頑張ってる同僚の女性といっしょに声をかけると意外と立ち止まって話を聞いてもらえる確率が高いことがわかりました。同時に声をかけた瞬間に資生堂の名刺を出すのも効果があったので、安心と信頼、情熱を印象付けるプレゼンの大切さをこのモデハンで学びました。社内オーディションにも継続的に合格し続けはじめる(たまたま)のですが、合格するための戦略としては社内オーディションで一つのテーマにたいしてモデルウィグを20体くらい作って、数うちゃ当たる戦略で、与えられたテーマのバリエーションを誰よりも多く作ったことなんです(他の同僚は多くても2~3体くらい)。めげずに、あきらめずに、コツコツとやりつづける。今となってはヘアスタイル表現の引き出しをたくさん作ることができたので、その経験値は今でも業務に役立っていて、当時の自分にとても感謝してます。そして、連続して合格するようになると(またまた)、オーディションで作るウィグや撮影でもだんだんコツを掴みはじめるようになります。 誌面の隅っこに小さくとも自分の作品が準佳作という結果で掲載されるだけでも一喜一憂していました(笑)。準佳作、佳作を何度か経て、その努力と苦労の甲斐あって、初めて念願の月間賞(その月のナンバー1賞)をいただくことができました。技術の向上と自分の成長を感慨深く実感するわけです!ただ、この月間賞を1年間で3回獲得し、年間賞を獲らないと、晴れて美容業界誌デビューはできないのです!月間賞を獲得した月からこれまた1年間は必至で取り組くまなくてはならないのです。マジか!まだまだ壁は高い!当時の先輩でも数年チャレンジしている人はざらで、途中で挫折し、卒業と銘打って自ら退く人もいたり・・・。そんな先輩たちが年間賞を獲得して卒業していく姿をみて、次は自分だと!自分を鼓舞しながら頑張ってモチベーションを保っていました。 今思い起こせば、やはり人より長い時間ドールウィッグに向き合ってましたし、休みの日はほとんど会社のワークショップで練習に明け暮れてました。その甲斐あって、取り組み初めてトータル1年弱、ビューティークリエーション研究所(当時)内では最速で最優秀年間賞(月間賞を3回獲得すると年間賞に値する)を受賞することができました。やっと美容業界誌デビューの切符を手にするわけですが、そこからが本当の茨の道。美容業界誌へデビューするための作品撮影も大変なうえに、このデビュー作品が後々のジャパンヘアドレッシングアワードのニューカマー部門、いわゆる新人賞としてのノミネートと入賞がかかっているWプレッシャーを同時にはらんでいるわけです。ちなみにジャパンヘアドレッシングアワード、通称JHAと呼ばれている日本で最も権威のあるヘアのフォトコンテストは年間を通じ美容業界誌に作品を発表したり、美容業界で顕著な活動、作品を発表した方を業界の中から選出し、褒め称えよう!と言う趣旨の元、ある意味美容業界のアカデミー賞的な感じで、業界の中でクリエイティブ活動をされているとりわけ意識の高い方々は、ここを意識せずにはいられない、決して外せないフォトコンテストなわけです。しかも新人賞は当時連続してビューティークリエーション研究(当時)の先輩方が受賞しており、この期待感とプレッシャーも同時に背負わなくてはならい状況に陥るわけです。さて、どうしましょう・・・・・・。 というところで、今回のテーマ「妥協を許さない準備(練習)をしろ!」の意図するところは、強い信念と目的をもって真剣に準備をしておけば、本番はそこそこ良い結果に結びつくということ。練習で、自分の技術不足の壁にぶつかるということは、言い方を変えれば、自分に必要な技術が何かわかるので、課題が見つかる。本番で技術不足が露呈したら最悪! そうならないためにも、練習こそ本番のように取り組み、本番こそ練習のようにこなせれば無敵なわけです。 準備(練習)はとにかく頑張る、本番はとにかく楽しむ!  さて、次回はプレッシャーにどう向き合って、どう作品を創作していったかをお話したいと思います。 ではでは! 皆さんお体ご自愛ください!

原文はnoteより https://note.com/notes/na0953703ba0d/edit





34回の閲覧

Copyright ©shiseido All Rights Reserved.